シクロクロス教室開催しました

お知らせ 活動報告 自転車

2018年3月3日

NPO法人としては初のイベントです。設立が3/1なので、計画は設立前からですね。

シクロクロスとはなんでしょうか?こちらのAJOCCという団体が国内の公式戦をまとめています。非公式レースも多数あります。

シクロクロスについて

簡単に言うと、ブロックタイヤを履かせた見た目がロードレーサー(ロードバイク)のような自転車でオフロードを走って順位を争う競技です。マウンテンバイクよりは激しくないコースですが、そのぶんスピード感があったり、都市部の公園とかでも開催できたり、という競技です。国内公式戦においても、上位カテゴリーでなければマウンテンバイクでも参加できます。

さてこのシクロクロス、四国内ではまだまだレース数も参加者も少ないです。当然ですが都市部に近い地域でのレースが圧倒的に参加者もギャラリーも多いです。四国内でのシクロクロスはまだ歴史が浅く、マウンテンバイクレースをやっている人が参加しているような印象です。マウンテンバイクで強い人はシクロクロスでも強いですが、残念ながら中間層と言えるレベルのライダーが少ないという状況です。

そこで、脱・初心者!をテーマとして「なんとなくレースやってるけど、本当のところどうしていいかよく分かってない」「そもそもシクロクロスを教わったことがない」といいう状態のホビーレーサーさんを対象として、シクロクロスの乗り方やレースでのアレコレを題材にした教室を開催しました。

はたスポ代表理事の高倉ですが、このシクロクロスを11年やっています。もともと大したことないレベルからがんばって日本選手権に出られるくらいまでやってきたので、「マウンテンバイクでめっちゃ速い人がシクロクロスやってる」という状態ではなく、初心者の気持ちが分かる、というのが謳い文句です笑

料金を頂いての教室ということでここでそのノウハウを公開するつもりはありまんが、メニューとしてはこのような感じです。

  • 自転車の降り方、バリアの越え方、飛び乗りのやりかた
  • 自転車の担ぎ方
  • 前走者を抜くコツ
  • スタート練習
  • 接触で慌てない練習
  • 実践的なドタバタ練習

その他、座学というほどでもないですが、レースの際に持っておくといいもの。試走時のコツ、悪天候時のコツ、短時間で効果が出るトレーニング、等のお話をさせていただきました。

参加者は5名でしたが、そのぶん内容が濃くなって効果の高い練習会になったのでは、と思います。参加者の皆さんがそれぞれ、次のレースでいい結果を出してくれることを期待しています。